【ライブレポート】7/21(日)ハンドメイドインジャパンフェス2019

TINÖRKS

7月21日(日)東京ビッグサイトにて開催されたハンドメイドインジャパンフェス2019にてTINÖRKS(ティノークス)として演奏させて頂きました。

ハンドメイドインジャパンフェスとは

クリエイターの祭典|ハンドメイドインジャパンフェス2019 in 東京ビッグサイト[ PV ]

新しい「クリエイターの祭典」はじまる。

日本各地で活動する多くのハンドメイドクリエイターが東京ビッグサイトに集結する、2日限りの新しいフェスティバル。

アート、雑貨、ファッション、アクセサリーなど全国のクリエイターによる色とりどりのお店が連なるマーケットや、伝統工芸職人・人気クリエイターたちの作品づくりを体験できるワークショップなどがあつまる「クリエイターエリア」では、ここでしか出会えない作家や作品と直接ふれられます。

そして、新進気鋭のアーティストや人気フェスバンドによるライブステージをはじめ、最先端の様々なパフォーマンスを体感できる「ミュージック&プレイエリア」が出現。「フードコーナー」では手作りにこだわって、全国から選りすぐったお食事がたのしめます。

人々の感性がふれあい、うねりを起こすクリエイティブな2日間。

世界に誇る日本のクリエイターの感性と技術が、東京ビッグサイトに集います。

(official siteから引用)

はじめて訪れた東京ビッグサイト

前日入りして翌日朝から会場の待ち合わせ場所へ移動。駅を降りるとすごい人の数に圧倒されました。他にも大きなイベントがあったみたいで、人の波に流されるように移動しました。

メンバーとカメラマンの三條さんと合流後、ビッグサイトの館内へ移動。受付した後、スタッフの方に案内されるとオーガニックな雰囲気にデコレーションされたステージに到着。機材のセッティングを急ぎリハーサル開始。サウンドチェックくらいしかできないかなと思っていましたが、曲をある程度合わせる時間があったので助かりました。

photo by Yasutaka Sanjo

ステージがある場所にも少しずつお客さんが増えてきました。12時。雫の奏でるバードコールのさえずりが響いてライブ開始。

演奏時間が20分でしたので「Komorebi」「Corot」「Terrarium」の3曲をお届けしました。どれもTINÖRKSの音楽性がぎゅっと凝縮された代名詞的な楽曲です。特に「Komorebi」に関してはhara kanaさんが正式に加入してくれる前にバイオリンの音を入れてくれた曲であり、ライブまでに音数や各パートのバランス、ダイナミクス慎重に調整した曲でもありました。それだけに演奏中に感慨深いものを感じました。

また高品質なPA機材(スピーカーやミキサーなどの音響機材)が充実していたのと音響スタッフの方々がとても親切に対応していただけたので演奏がしやすく、曲の持つ世界観を十分に発揮できたと思います。

このような大きなイベントで音を奏でることができてとても光栄でした。

お聞きいただいたみなさま、物販をお買い上げ頂いたみなさま、主催株式会社クリーマの針生様、スタッフのみなさま、ありがとうございました。TINÖRKSで演奏させていただけたこと心から感謝しております。

それからメンバーの雫、霜野さん、久々津さん、hara kanaさん、予定の調整や事前準備など色々と協力してくれてありがとう。ハンドメイドインジャパンフェスの大きなイベントでそれぞれのセンスがうまく融合しTINÖRKSの世界観を表現できたことを誇りに思います。最高の音を奏でられたことは自分にとって大切な思い出となりました。

さて、今後の活動ですが、プロジェクトの予定を変更し次作のレコーディングに入ります。出来るだけまとまった曲数のものをリリースしたいので、完成は来年になると思います。いくつかアイデアを実現したいとも考えています。ではでは、どうぞお楽しみ。

建水

コメント

タイトルとURLをコピーしました