堀越神社に行ってきました

旅行

四天王寺を外護する四天王寺七宮の一つである堀越神社

堀越神社に行って
お参りしてきました。

【場所】
各線天王寺駅もしくは
近鉄あべの駅より
北へ徒歩で
10分くらいの所にあります。


【住所】
大阪市天王寺区茶臼山町1-8

浪華茶臼山・堀越神社(大阪天王寺)
大阪浪華にある聖徳太子が四天王寺と共に建てた由緒ある堀越神社。パワースポットとして雑誌・テレビで紹介されてます。

天王寺といえば
あべのハルカス、
キューズモールなどがあり、
この日は休日でしたので
人がたくさんいました。

(歩道橋の上から
キューズモールと
阪堺電車上町線天王寺駅前駅が見えます)

堀越神社の由来

公式サイトから引用します。

第33代推古天皇の御代、
時の摂政聖徳太子が、
太子の叔父君に当たらせられる
第32代崇峻天皇の徳を偲んで、
風光明媚にして
長松直々たる茶臼山の地をえらばれ、
四天王寺建立と同時に
当社を創建されたものであります。

古くより明治の中期まで、
境内の南沿いに美しい堀があり、
この堀を越えて参詣したので、
堀越という名が
付けられたといわれています。
この地は、有名な
慶長・元和の大阪冬の陣、
夏の陣の古戦場として
かずかずのエピソードと
共に知られています。

古くから大阪では
「堀越さんは
一生に一度の願いを
聞いてくださる神さん」

との言い伝えがあります。

また、男の四十二才の厄年には、
東向きの神社にお参りすると
厄除けになると言われており、
毎年多くの方がお参りされます。

なんと、聖徳太子が
創建した歴史ある神社なんですね。
堀越という名前になった
理由も知ることができました。

参拝した理由

10月から環境が
変わったこともあって
心がどうにも重たくて
自分自身が
停滞していることに
気がつきました。

ですので、
色々と見つめ直す
時期に来ているなと
思っていました。

これまで
思い描いていた
夢や目標を
一度リセットする
必要があるなと
考えていた時に
偶然、堀越神社のことを
知りました。

心の中にうっすらと
灯る目標のようなもの、
まだ具体的に
定まっていないのですが
前に進むために
ひとつのきっかけを
得たいと思ったのが
参拝の動機です。

この日は晴れて天気が
良かったのですが
寒波の影響で寒く
参拝される人は
ほとんどいませんでした。

二礼二拍一礼で
心を静かに
お参りしました。

進んでいこうとする道を
見守ってほしい、
導いてほしいと
お願いしました。

ちんたくさんの社

鳥居の手前右側にある
太上神仙鎮宅七十二霊符尊神
(ちんたくさん)の社は
お守りやお札ができる元
となった神様です。

すぐ隣に
樹齢550年の御神木が
佇んでいました。

見上げると
木漏れ日が差し込み
木々に止まっている
小鳥のさえずりが
聞こえてきました。

こういう瞬間に出会えると
清々しい気持ちになるというか
心の中がふわっと広がるんですよね。

右側には石灯篭があり
May Pease Prevail On Earth

「地球に平和が訪れますように」

とのメッセージがありました。

熊野詣の出発地点

境内には
熊野詣の出発地点であり
歴史に残る
「熊野第一王子之宮」も
祀られています。

熊野権現の分霊を祀った
九十九王子の第一王子
「窪津王子」にあたるそうです。

掲示板の内容を記載します。

熊野第一王子之宮

熊野第一王子之宮

平安時代に「蟻の熊野詣」といわれるほど
賑わった熊野詣は、目的の熊野三山巡拝の前に、
熊野権現の分霊を祀った九十九の王子社の
巡拝しながらたどっていきます。

京の都から船で淀川を下り、
上町台地へ上陸する天満の港に
「窪津王子」がありました。

ここが熊野への出発点で、
九十九の第一王子窪津王子に参拝して
御祓を受けた後、熊野詣に出発したといわれています。

この「窪津王子」はその後、四天王寺西門鳥居近くの
「熊野神社」に鎮座していたと伝えられていますが、
後に堀越神社に合祀され
「熊野第一王子之宮」として現在に至ります。

また、熊野権現の神使は八咫烏(ヤタガラス)。

三本の足を持つカラスとして描かれています。
日本サッカー協会のシンボルマークでお馴染みですが、
神武天皇のご東征を道案内したり、
その功績は数多く伝えられています。

春の例祭りの日(四月第三日曜日)に熊野社花祭が催されます。

おみくじを引きました

おみくじがあったので
引いてみました。

結果は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大吉でした。

気持ちが
落ちている時でしたので
素直にうれしかったです。

内容が伝わりにくかったので
意味を調べてみました。
(便利なサイトがありますね)

参照したサイト

鑿石方逢玉

→石の中にある
宝石を偶然掘り出すとは、
思いもよらぬ
幸いに出会うことをいいます
淘沙始見金

→砂をふって
金が集められるように、
生活の中で、財宝が
自然と集まるでしょう
青霄終有路

→天に叶う大いなる
出世への道は広々として、
世にもてはやされることでしょう
只恐不堅心

→ただ、意思を堅くして
一心に努力することをしなければ、
何事にも成就しないと思いましょう

色々と良いことが
書いていますが
この中で一番大事なことは
自分にとって

「只恐不堅心」
ただ おそらくは けんしん ならざることを

だと思いました。

「努力しなければ
何事も成し遂げられない」と。

このことを胸に
刻んで精進していこうと
思いました。

ひとつひとつ積み上げていくこと

僕は今年が
本厄(年齢がばれますが(笑)
なので、ちょうど
人生の折り返し地点です。

この歳になってようやく
分かったことがあります。

自分が今までがんばってきたこと、
努力したけど報われなかったこと、
失敗したこと、
つらかったこと、
全てのことが無駄ではなくで、
自分の大切な経験であり、
生きている証しになっていると
思っています。

これまでたくさんの出来事が
ありましたが、
大変だった時には
家族や友人が助けてくれました。

そして音楽活動においても
たくさんの人に出会えたし
その方々に支えていただけたと
思っています。

 

これからまた、
新しい目標を立てて、
それを叶えられるように
ひとつずつ
積み上げていけばいいと
おみくじの結果が
そっと背中を
押してくれたような
気がしました。

堀越神社は
駅からも近い距離にあるので
天王寺付近を散策される際は
訪れるスポットのひとつに
してみてはいかがでしょうか?

その際に
おみくじを引いてみると
何かのきっかけに
なるかもしれません。

 

堀越神社

浪華茶臼山・堀越神社(大阪天王寺)
大阪浪華にある聖徳太子が四天王寺と共に建てた由緒ある堀越神社。パワースポットとして雑誌・テレビで紹介されてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました